ようこそゲストさん

Qdmail - PHP::Mail Library , Quick and Detailed for Multibyte

レンダーモード

レンダーモードとは

(バージョン1.0.3b以降の機能です。0系では使用できません。)

レンダーモードとは、メールの作成まで行い、最後の送信は実行しないモードです。
メールのヘッダー、本文のビルド&レンダー(作成完了まで)は行います。

どんな時にレンダーモードを使用するか?

例えば。。。
  • メール本文まではQdmailで作成し、後は自作のSMTPプログラムで送信する。
  • 正確なメール本文のバイト数を送信前に事前に知りたい
  • 送信前にエラーがでるかどうか知りたい
レンダーモードでは、$mail -> send() メソッドを実行しても、実際にはメールは送られません。
Qdmailでは、$mail->send()メソッド内にて、メールの作成を行うので、このような仕様にしました。

レンダーモードの指定方法

メソッド名は、renderMode() です。

基本的なOOPモード,easyモードでは
$mail -> renderMode( true );
qd_send_mail()モードでは、
$option = array( 'renderMode'=>true );
$type = array( 'type'=>'text' , 'option' => $option );
qd_send_mail( $type , $to , .......);
となります。

# donk 2009年09月04日(金) 午後3時53分

レンダーモードで、$mail -> send() した後に、
作成されたメール本文のデータを参照するにはどのようにすればよろしいでしょうか?


#  非公開コメント   
  • TB-URL  http://hal456.net/qdmail/061/tb/