ようこそゲストさん

Qdmail - PHP::Mail Library , Quick and Detailed for Multibyte

任意のヘッダーの追加

ToやFromは、$mail->to()や$mail->from()で、ヘッダーを設定しますが、Qdmailでは、任意のヘッダーを追加することもできます。
to,from,cc,bcc,reply-toは、このaddHeaderメソッドは使用しないで、それぞれのコントロールメソッド、$mail->to();などをお使いください。

任意のヘッダーの設定(追加)

$mailには、Qdmailのインスタンスが入っているものとします。
$mail -> addHeader( 'header_name' , 'value' );

例) Return-Path を設定する

(消去しました)
この方法で、Return-Pathを指定しても無視されますので推奨しません。

例) X-sender を設定する

$mail -> addHeader( 'X-sender' , 'hoge@example.com' );

ユーザーが設定した addHeader の値を取得する。

addHeaderで設定したもののみを、返り値として返します。(to,from等は返さない)
$mail -> addHeader();

ユーザーが設定した addHeader を消去する

$mail -> addHeader( 'clear');

注意

$mail->easyText()を使用した場合でも、addHeaderの中身は保持されています。

#  非公開コメント   
  • TB-URL  http://hal456.net/qdmail/032/tb/
  • message_id Qdmail - PHP::Mail Library , Quick and Detailed for Multibyte spok
    Qdmailでは、1.1.1b以降から、message_idを自動的につけてくれます。それまでは、message_idをつけずに、mail関数やSMTPサーバーに渡していました。それでも、サーバーが自動で付けてくれるので、古いバージョンでも心配はありません...