ようこそゲストさん

Qdmail - PHP::Mail Library , Quick and Detailed for Multibyte

その他のフレームワーク対応

Qdmailを利用して、フレームワークからメールを送信する場合、もっとも問題になるのが、メール本文のデータを、フレームワークから、Qdmailへどうやって渡すか、ということです。

通常のMVC分離型のフレームワークの場合、コントローラーからビューの内容を簡単に取得できるのであれば、それをQdmailに
$mail -> text( ビューの内容 );
として渡してやれば、それで終了です。

実際に、ZendFrameWork,CodeIgniter,Ethnaは、ビューの出力内容を簡単にコントローラーで取り出せるので、あまり深く考えずに対応することができます。

したがって、未知のフレームワークでも、ビュー出力の内容の取り出し方さえわかれば、特段の問題はありません。

一方でSymfony,CakePHPのように、ビューの出力内容を取り出せない場合は、Qdmail本体に描画機能を持たせる必要があり、若干面倒です。

そのようなフレームワークについては今後、ご要望があれば(&時間があれば)、対応してきたいと思います。

# yuipapa 2013年04月15日(月) 深夜3時16分

最近、使用するサイトが急激に増えている模様の、FuelPHPの使用例があると助かります。

# gura 2014年12月08日(月) 午後7時15分

コントローラで
\Autoloader::add_class('Qdmail',APPPATH.'vendor/qdmail.php');
して
$mail = new Qdmail();
$mail -> smtp(true);
してけば、使えますよ。
ただ、config.phpで
'errors' => array(
'continue_on' => array(E_STRICT,E_DEPRECATED),
),
とかしないと、エラーメッセージが出て、意図した動きをしない感じです。


#  非公開コメント   
  • TB-URL  http://hal456.net/qdmail/0110/tb/