ようこそゲストさん

Qdmail - PHP::Mail Library , Quick and Detailed for Multibyte

デコメテンプレート作成(変換)機能

QdmailReceiverとQdmail(1.07b以降)を組み合わせると、ドコモのテンプレートからauのテンプレート等、各キャリアに合わせたテンプレートに変換することができます。その上に、テンプレートではなく、デコメそのものからデコメテンプレートを抽出したり、MHTLメール(インラインHTML)から、各キャリアのデコメのテンプレートを作成することができます。

変換バリエーション

変換元
Docomo,au,Softbankのデコメテンプレート。インラインHTMLメール(MHTML)。通常のHTMLメール。テキストメール
   ↓
変換先
Docomo,au,Softbankの各デコメテンプレート

解説

内部的には、QdmailReceiverを利用して、変換元のメールをデコードして、Qdmail形式の配列に変換します。
それでもって、Qdmailのメール作成機能を援用して、各キャリアに適合したデコメテンプレートを作成します。

サンプルコード

$mailには、Qdmailのインスタンスが入っているものとします。
qd_mail_receiver.phpをインクルードパスが通っているディレクトリに配置しておいてください。Qdmailが自動的に読み込みます。自動読み込みがうまくいかない場合は、
include('qd_mail_receiver.php');
として明示的に読み込んで下さい。
$file には、デコメテンプレートのパス&ファイル名が入っているものとします。
サンプルコード(ドコモテンプレートからauテンプレートへの変換)
$file = 'templatefile.dmt';
$mail = & new Qdmail();
$content = file_get_contents($file);
$au_template = $mail -> makeDecoTemplate('TPL_AU',$content);
PHP5では、newの前の & は必要ありません。

第1引数は以下の選択肢があります。
'TPL_DC'ドコモ用テンプレート
'TPL_AU'au用テンプレート
'TPL_SB'SoftbankMobile用テンプレート
$contentの中身は、どんなキャリアのテンプレートでも大丈夫です。
テンプレートでなくても、メールそのものでも大丈夫です。その場合は、ヘッダーも含めたメール全データをぶち込んで下さい。

この機能を使ったサービス例

デコメ→3種テンプレート変換

# ぐみ 2008年12月10日(水) 深夜1時07分

http://kikky.net/pc/mk_decomail.html
こんなの見つけました

# デコ 2009年04月30日(木) 午後1時45分

作成はできないのでしょうか。たとえば受信したメールをテンプレート化するような。

$content = '';
$fp=fopen("php://stdin",'r') or die('File Open Error');
while( !feof($fp) ){
$content .= fgets( $fp );
}
$mail = new Qdmail();
$mail = $mail->getInstance();
$filename="tpl.dmt";
$fp=fopen($filename,"w+");
fwrite($fp, $mail -> makeDecoTemplate('TPL_DC',$content));

としたところ、HTML部分がまったく入らず、テンプレートを作成できませんでした。
何かがおかしいのでしょうか。

# 2009年09月29日(火) 午後5時48分

あああ


#  非公開コメント   
  • TB-URL  http://hal456.net/qdmail/065/tb/
  • デコメールまとめ Qdmail - PHP::Mail Library , Quick and Detailed for Multibyte spok
    Qdmailのデコメールに関する情報をまとめました。■Qdmailの特徴(デコメ関連) Dcomo,au,Softbank,イーモバイル,Willcomの各キャリアを自動判別して最適なデコメを送信 qd_send_mail()という関数型で簡単送信 プロに...