ようこそゲストさん

Qdsmtp-Simple SMTP Mailer for PHP

配送確認

Qdsmtpには、相手のサーバーに届いたかどうかを確認する機能があります。0.1.6a以降

RFC規格の説明

SMTP規格(正しくはESMTP)には、相手のサーバーに届いたかどうかを確認するオプションがあります。

RCPT TO <address@example.com> NOTIFY=SUCCESS,FAILURE

と、すると、配送に失敗した時も、成功した時も、SMTPでセットしたRetrun-Path(From)にメールを返してくれます。

指定の方法

$smtp -> alwaysNotifySuccess( true );

または、ソースの

var $always_notify_success = false;

をtrueに変更してください。

0.1.7a以降では下記の指定もできます。


$param = array(
    'host'=>'smtp.example.com',
    'port'=> 25 ,
    'from'=>'from@example.com',
    'protocol'=>'SMTP',
    'always_notify' => true,
);

$smtp = & new QdSmtp($param);

注意点

ESMTPに対応したサーバーでないとこの値は無視されますので、相手方が古いサーバーを使っている場合にはメールはきません。

デフォルトでは、NOTIFY=FAILUREであり、エラーの時のみエラーメッセージが返ってくるようになっています。


返送される先のアドレスは、ヘッダーのFromではなく、エンベロープのFrom(Return-Path)であることに十分注意してください。

参考サイト

RFC1891日本語参考訳


#  非公開コメント   
  • TB-URL  http://hal456.net/qdsmtp/020/tb/
  • 2008-09-03 Qdsmtp-Simple SMTP Mailer for PHP spok
    Qdsmtpダウンロードページ 0.1.6aにバージョンアップ配送確認 alwaysNotifySuccess()メソッドの追加RCPT TO の後に、常に、NOTIFY=SUCCESS,FAILUREを付けるモードを追加あくまでも暫定対処配送確認の指定の...
  • 2008-09-03 Qdsmtp-Simple SMTP Mailer for PHP spok
    Qdsmtpダウンロードページ 0.1.7aにバージョンアップ配送確認の指定方法の拡張SMTP初期設定の$param の中で指定できるようにした。配送確認の指定の仕方