ようこそゲストさん

QdmailReceiver Multibyte mail decoder & POP Client

サンプルコード

受信サーバーに溜まっている件名をすべて表示する。
 $server = array(
    'protocol'=>'pop3',
    'host'=>'pop.example.com',
    'user'=>'userID',
    'pass'=>'password',
 );

qd_receive_mail( 'start' , $server ); 
$max = qd_receive_mail( 'count' );
echo "<pre>";
for($i = 1 ; $i <= $max ; $i++){
    echo 'Mail Number: '.qd_receive_mail( 'pointer' ).' subject: ';
    echo qd_receive_mail( 'header' , array('subject','name') );
    echo "\r\n";
    qd_receive_mail( 'next' );
}
echo "</pre>";
die();
本文を取得するつもりがないのであれば、ヘッダのみ取得するようにするには次の文を'start'の次に挿入します。これで本文を受信サーバーから取得しないので若干高速になります。
qd_receive_mail( 'popHigh' , 0 ); 

タイトルに「未承諾広告」があるメールをサーバーから削除する

qd_receive_mail( 'start' , $server ); 
qd_receive_mail( 'popHigh' , 0 ); 
$max = qd_receive_mail( 'count' );
$target = array();
for($i = 1 ; $i <= $max ; $i++){
    $subject = qd_receive_mail( 'header' , array('subject','name') );
    if( false !== mb_strpos( $subject , '未承諾広告' ) ){
        $target[] = qd_receive_mail( 'pointer' );
    }
    qd_receive_mail( 'next' );
}
foreach( $target as $del_id ){
    qd_receive_mail( 'delete' , $del_id );
}
    qd_receive_mail( 'done' );
この例では、いったん$target変数に、該当のメール番号を溜めて、後でまとめて削除しています。
このようにしなくても、最初のif文の部分で、deleteしても大丈夫ですが、必ず最後にdoneコマンドを実行することを忘れないようにしてください。

#  非公開コメント   
  • TB-URL  http://hal456.net/qdmail_rec/08/tb/