ようこそゲストさん

Qdmail - PHP::Mail Library , Quick and Detailed for Multibyte

2008/09/10(水) 2008-09-10

Qdmaiのダウンロードページはこちら
  • 2008-09-10
    • 1.1.1b
SafeMode時には、mail関数の第5引数を指定しないようにした。

MessageIdヘッダーを自動でつけるようにした
Dateヘッダーは、ソースのvar $time_zone をnull以外の例えば +9000 に変更すれば、自動につくようにした。

Dateヘッダー、Messageヘッダーを自動でつけるかどうかのオプション、autoHeader()メソッドの追加。

reset関係のメソッド追加
resetBodyHeader()
resetBody()
resetHeader()

#  非公開コメント   
  • TB-URL  http://hal456.net/qdmail/083/tb/

必須ヘッダ(Date,Massage-Id)

このメソッドは1.1.1bのみで廃止されました。1.1.2以降での使用はできません。


必須ヘッダーのDateヘッダー、Message-Idヘッダーを自動でつけるかどうか。
$mail -> autoHeader( true );
ただし、ソースコードのvar $time_zone が設定されていないとDateはQdmailでは自動ではつかない。

しかし、多くのSMTPサーバーはDateヘッダがなければ自動的につけてくれる(はず)。

#  非公開コメント   
  • TB-URL  http://hal456.net/qdmail/085/tb/
  • 2008-09-10 Qdmail - PHP::Mail Library , Quick and Detailed for Multibyte spok
    Qdmaiのダウンロードページはこちら 2008-09-10 1.1.1b SafeMode時には、mail関数の第5引数を指定しないようにした。MessageIdヘッダーを自動でつけるようにしたDateヘッダーは、ソースのvar $time_zon...

リセット

OOPメソッドでは、Qdmailは覚えている

(1.1.1b以降)..1.1.1bにはバグがあるので、1.1.2以降推奨

Qdmailインスタンスは、メールを送信しても、データを覚えています。
そのまま次のメールを送ろうとすると、思いがけず、前のデータを送信したりしますので、そうならないようリセットをして使いましょう。

easyメソッド(1.1.1b以降)、qd_send_mailは、送信前にコンテンツ部分はリセットされます。ここでは、OOP型の話です。

ヘッダーだけリセット

$mail->resetHeader()

Body だけリセット

$mail -> resetBody();

ヘッダーとBody の両方をリセット

$mail -> resetHeaderBody();

すべてのパラメータリセット

ヘッダーのみならず、charset指定などのオプションパラメータをすべて初期化します。
$mail -> reset();

#  非公開コメント   
  • TB-URL  http://hal456.net/qdmail/084/tb/
  • 2008-09-10 Qdmail - PHP::Mail Library , Quick and Detailed for Multibyte spok
    Qdmaiのダウンロードページはこちら 2008-09-10 1.1.1b SafeMode時には、mail関数の第5引数を指定しないようにした。MessageIdヘッダーを自動でつけるようにしたDateヘッダーは、ソースのvar $time_zon...
  • 2008-09-11 Qdmail - PHP::Mail Library , Quick and Detailed for Multibyte spok
    Qdmaiのダウンロードページはこちら 2008-09-11 1.1.2b resetHeader()メソッドのバグ修正。add_headerのリセット漏れを解消。timeZone()メソッドの追加messageId()メソッドの追加